2017年07月06日

え〜!?警察官でも堂々とネットワークビジネスができる!?

警察官でも、副業ができるなんて。。。

あっ、これは日本の事ではありません。
私が住むアメリカの事です(^^)
驚かせて、ごめんなさい!

ごめん.jpg

アメリカに住んでいると、副業に取り組んでいる人は多く見られます。
自由と合理的な思考のアメリカでは、副業をすることに対して何の偏見もありません。
副業を含めたダブルワーク、トリプルワークをすることに対して
コソコソと隠れてするようなイメージではなく、かなりオープンです。
なぜなら、副業をすることによって、
生活が潤うのであれば、やった方が良いという考え方をしているから。

それもそのはず、アメリカでは、副業に対する規制がほとんどないのです。
なので、会社にばれない様に、、、、コソコソする必要がありません。

■アメリカの副業事情■

就業時間外は、個人の自由な時間と見なされるので、
本業に差し支えがなければ、誰でも、例えば、
学校の先生、医者や警察官でも、副業が認められています。

そのため、会社からの収入だけでなく、複数の収入源を確保してる人も多いのです。
そして、アメリカでは汗水たらして働かず、
「不労所得」で快適な生活を送っている人々がやたら多いのも事実です。

不動産投資、株といったメジャーな不労所得はもちろん、
ネットワークビジネスから得られる不労所得も人気があります。
アメリカでも、ネットワークビジネスに対して良いイメージを持っていない人もいますが、
それ以上にネットワークビジネスにチャレンジしている方が多いのです。

何故、ネットワークビジネスが人気なのでしょうか?

それは、
● 少資金でスタートできる
● 商品の品質も良い
● 商品が気に入った
● 自分の自由な時間を有効に活用できる
● 将来が不安
● 失業しないか不安

おそらく、日本人と比べると、アメリカ人の大半は
”労働収入よりも権利収入”と考えています。
(働かないでお金を稼げたら、イイジャナイという考え方をしているんですね)

そして、アメリカでも多いのは、口コミ勧誘!
堂々と、●●日に、私が始めた新しいビジネスの製品パーティを、するの!来てね〜と
友人・知人に伝えています。
そこで、同じ様にビジネスに興味を持った人、商品に興味を持った人をサインアップして、
グループを広げています。

そして、実際に「フツーの主婦」でも、毎月1万ドルの収入があり、
ネットワークビジネス会社からスポンサーしてもらっている車に
乗ったりしている人も沢山いるのです。

車.jpg


また、こちらでは「便利な物があるんだったら、使おう。楽しよう」
という考え方をしているので、
インターネットを活用しまくっています。

自分のFacebookで、ネットワークビジネスの紹介をしたり、
セミナーなんかも、リアルよりもバーチャルだったり。
アップが自ら会場を借りて、セミナーをするというよりも、
オンラインでセミナーをしたりの方が多いようです。
(もちろん、会社主催のリアルセミナーやイベントはありますよ)

ただ、これが日本だと。。。
正直、ネットワークビジネスは、過去の強引な勧誘のイメージが強いため、
今でも、良い印象を持っている人は少ないと思います。

でも、日本に住んでいながら、「楽したい」と思っているアメリカ人がしているような
ネットワークビジネスが出来るとしたら。。。
興味ありますか?

例えば、
● 少資金でスタート
● 必要なのは、毎月の自己消費分
● 製品力は文句無し
● セミナーに行く必要もなし

そして、極め付けは、、、、
自分の友人・知人を勧誘する必要もなし!


勧誘しない、んです。

え〜嘘でしょう?
と思うのなら、是非、アメリカ人も大好きな「無料」でお得な情報をゲットしてみてください!

【まだ、知らないの?】寝ている間にダウンを作る方法
↑7日間の無料セミナーでご確認ください♪
posted by ママでもMLM at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック